外壁材の種類について

外壁材の種類によって特徴は異なります。外壁塗装を長持ちさせるためには材質に適した塗装工事が必要となりますので、ご自宅の外壁材の特徴を把握しておくことをおすすめします。

サイディングボード

サイディングボードは、優れた性能を持っていてデザインのバリエーションも豊富なので、今最も外壁材に使用されることが多いです。サイディングボードには窯業系・金属系・セラミック系・樹脂系・木質系の種類があり、主に石膏とセメントを混ぜて硬化し、プレス成形で板状にした窯業系サイディングや、スチール・アルミニウムなどによって作られた断熱効果の高い金属サイディングが人気です。

サイディングボードは種類によりメンテナンス周期も異なるのですが、チョーキング現象や紫外線による褪色、目地の割れ、サビなどの劣化が見られたら、早めにメンテナンスを行ってください。

モルタル壁

砂、セメント、混和材などを水と一緒に練り合わせたモルタルを下地にして、樹脂系の素材を吹き付けたり、コテで模様を描きながら塗装して仕上げます。 素材を活かした風合いや強度が魅力の外壁材ですが、防水性能が低下すると劣化が進む場合もあります。カビや藻が付着しやすく、ヒビが入りやすい性質を持っているので、美観維持のためにも補修メンテナンスを行う必要があります。

タイル

外壁だけでなく室内の壁や床などにも用いられるタイルは、耐候性・耐久性・耐火性に優れているので、タイル自体のメンテナンスはほとんど必要ありません。しかし、目地の劣化や接着材の働きが低下するとひび割れや剥離を引き起こす可能性もあります。定期的にチェックをして、必要であれば塗装業者にご依頼ください。また、雨水の浸入によるトラブルを未然に防ぐために保護材を塗布するのもおすすめです。

ALCボード

ケイセキ・セメント・石灰質材料などを粉末状にしたものと水を混ぜて硬化させる、軽量気泡コンクリート材です。耐火性・断熱性・耐久性が高いのですが、経年劣化により塗装の働きが低下すると雨漏れを引き起こす恐れがあります。定期的に目地や塗膜のメンテナンスを行ってください。

コンクリート壁

スタイリッシュなデザインの住まいに多いコンクリート壁は、非常に強度に優れているのですが、カビや藻、雨水の浸入を防ぐためには撥水材を塗布して防水性の向上に努める必要があります。
ご自宅の外壁材の種類を事前に調べておくと、トラブルを未然に防ぐためのメンテナンス計画が立てやすくなります。

地域密着型の塗装業者である弊社では、土浦市を中心に、牛久市・常総市・つくば市・龍ケ崎市などの周辺エリアのご依頼も承っております。外壁塗装・屋根塗装はもちろん、外構施工、ハウスクリーニングも低価格で対応しておりますので、まずは一度無料見積もりにお問い合わせください。