屋根の種類と特徴

屋根を長持ちさせるためには、計画的なメンテナンスが大切です。しかし、簡単に劣化状況を確認できる箇所ではないので、屋根の種類と特徴を把握してトラブルを未然に防ぎましょう。

スレート系

スレート系には人工と天然の材質があるのですが、一般的にはセメントと石綿を混ぜ合わせて作られた薄い板状の屋根材が幅広く使用されています。「コロニアル」「カラーベスト」と呼ばれることもあり、カラーバリエーションも豊富です。軽量で加工性が高いのが特徴的ですが、割れやすい性質も持っています。ひび割れ・塗膜の劣化・剥がれ・カビなどのトラブルが起こる可能性もあります。
劣化が進行すると費用負担が大きくなりますので、10年程度を目安にチェックしてみてください。

金属系

金属系の屋根材には、亜鉛・アルミニウム・シリコンが使われるガルバニウム鋼板・銅板があります。
ガルバニウム鋼板は、腐食に強く丈夫な性質をしていて、防水性、加工性にも優れています。
色あせやサビが起こりやすい特徴を持っているので、15年程度を目安にサビ止め加工を施した葺き替えを行うか、塗り替えをご検討ください。

瓦系

セメント瓦

セメントと砂を水で練りながら混ぜ合わせたモルタルを成形して、乾燥させた瓦です。
塗料で着色が可能なのでカラーバリエーションが豊富ですし、形状の種類も多いです。
災害に強い性質がある反面、紫外線・風雨・温度変化に弱く、塗膜の劣化が起こる場合もあります。
塗り替え目安としては、15年程度を考えておくと良いです。

粘土瓦

粘土瓦は昔から日本に根付いていた屋根材です。日本の風土に適した材質なので、耐水性・遮音性・耐久性・断熱性に優れた特徴を持っています。重量があり、割れやすくコストが掛かるので、最近は減少傾向にあります。ご紹介した屋根塗装の目安は、環境や劣化状況などによって変わってきますので参考として把握しておいてください。

きちんと屋根の状況を知りたい時には、屋根塗装業者である弊社にお任せください。
土浦市にある弊社では、ご希望であれば実際にご自宅に足を運び無料見積もりを行えます。
地域密着型の塗装業者だからこそ、無駄を排除して低価格で施工することが可能です。
お客様にご満足頂けるように最大限努力致しますので、是非一度ご相談ください。