外壁塗装における下地処理の重要性

大切な住まいを守るために行う外壁塗装は様々な工程によって塗り替えられるのですが、最も重要視すべき工程が下地処理です。そこでこちらでは、下地処理の重要性についてお伝えします。

下地の役割

紫外線・雨風・自然災害などの外的刺激を受け続けている住まいは、時間の流れと共に劣化が生じます。モルタルの浮きや剥離・ひび割れ・サビなどの経年劣化を補修する役目を担っているのが、下地処理です。この補修作業を適切に行えていないと、見た目だけはキレイに仕上げられていても長持ちはしません。外壁塗装の工程は、メイクの手順に似ています。

ファンデーションを塗る前には、まず肌トラブルを防ぐために化粧水や保湿液を塗ってお肌を整えます。下地処理も、塗装面を整えるために補修作業を行い、塗装染料の接着度を高めてキレイに仕上がるようにサポートしています。その後、外壁のデザインを左右する中塗り、キレイに仕上げるための上塗りが施工されて完成します。防汚となる下地処理をしっかりと行わないと、外壁の仕上がりと寿命が大きく変わってくるのです。

下地処理の方法

下地処理の方法は、住宅の劣化状況によって異なります。例えば、ひび割れの補修工事としてフィラー刷り込み・Vカット後のシーリング処理・藻やカビを除去して美観維持を図る高圧洗浄・パターン補修・目地と窓まわりのシーリング処理など、その他にも様々な方法があります。
お客様ご自身で住まいの現状を把握しておくことも大事ですが、それだけでは問題点を全て浮き彫りにするのは難しいです。そんな時には、茨城県土浦市にある弊社にご相談ください。

茨城県土浦市にある弊社は、地域密着型の塗装業者です。専門的な知識とスキルを兼ね備えた職人が実際に伺い、プロの目で住まいの現状や問題点を判断して適切な施工を行います。
塗装と同じくらい時間をかけて丁寧に下地処理を行っておりますので、ご満足頂ける仕上がりを実現します。無料でお見積もりも承っております。耐久性に優れた住まいを手に入れたい方は、是非一度ご相談ください。