外壁塗装で住まいの紫外線対策を

住まいにも紫外線対策が必要です

紫外線が私たちの体に影響を及ぼすことは、よく知られています。しかし住まいも紫外線の影響を受けやすいことは、あまり知られていません。対策を怠ると劣化が進み、家の寿命が短くなってしまいます。
太陽から降り注ぐ紫外線は、様々なものを劣化させていきます。例えば屋外の看板がだんだん色あせていくのは、紫外線の影響で看板に塗られた塗料が化学変化を起こしているからです。

紫外線は、塗料の劣化を促すということです。紫外線によって塗料が劣化すると、顔料が分離して表面に白い粉が出てきます。これがチョーキングです。さらに劣化が進むとひび割れが起こり、そこから雨水が入って柱や基礎などが劣化します。その結果、建物全体の強度が低下するという悪循環を招いてしまうのです。

適切な塗料を選んで紫外線対策を

外壁の劣化は雨や風、湿気などの様々な影響によって起こりますが、その中でも紫外線は強力です。昨今では塗料に含まれる有機物が、排気ガスや酸性雨などと化学反応を起こし、より劣化が進みやすくなっています。建物の外壁は一年中日光にさらされており、とても過酷な環境ですので、紫外線対策が欠かせません。住まいを紫外線から守るためには、紫外線に強い塗料を選ぶことがポイントです。

適切な塗料を選び、長期間外壁の日焼けや色あせを防ぐことができれば、再塗装の必要性が少なくなります。結果的に、メンテナンス費用を大幅に軽減することができるでしょう。外壁塗装に使われる塗料には、それぞれに特徴があります。防汚効果や耐久性、ひび割れ防止など、目的に合わせて選ぶことができます。専門家に相談し、住まいに最も適した塗料を選ぶことが大切です。

土浦市エリアで外壁塗装をお考えでしたら、弊社にお任せください。弊社では完全自社施工で塗装を行っておりますので、大手の業者に比べて料金面には自信があります。見積もり依頼は無料ですので、土浦市エリアにお住まいの皆様、お気軽にご連絡ください。