メンテナンスの重要性

毎日、雨・風・紫外線に耐えている塗装は疲れ切っています

毎日、雨・風・紫外線に耐えている塗装は疲れ切っています。
そして、その表面を守っているのが、1㎜の厚さも無い外壁塗料の塗膜です。
人間でも「検査により病気が早期発見出来、重篤な状態にならずに済んだ」というケースはよくあります。
これは外壁についても同じ事が言えます。
定期的なメンテナンスを行う事により、美観の確保や、大事な資産である家を守ります。

いつメンテナンスが必要なのか

さて、ここで問題となるのは「外壁は何年くらいもつのか?」「何年くらい経過したらリフォームをする必要があるのか?」です。
一般論的に「最高でも10年位を目安にしてください」といわれています。
環境によって変わると考えられますが、住宅メーカーが外壁に付けている保証期間が10年というケースが多い為、このように言われているのだと思います。
場合によってはそれ以前で補修が必要かも知れません。本来ならば外壁の専門家などに毎年診断してもらうのがベストですが、施主様ご自身でできる簡単な外壁判断方法がございます。

チョーキング

チョーキング

聞き慣れない言葉ですが、試しにご自宅の外壁を手で軽くこすってください。
その際、チョークの粉のようなものが手に付着していると、それは劣化のサインと考えて間違いありません。これは明らかに外壁の崩壊が始まっている証拠ですので、放置しておくと雨の進入など重大な問題を引き起こす可能性があり要注意です。

ひび割れ

ひび割れ

これはご説明するまでもありません。
目視でひび割れを発見できる状態はかなり深刻と考えて良いので、一刻も早い外壁リフォームをお勧めします。チョーキングより深刻な状況です。

カビや苔の付着

このようなケースは、日当たりが悪く風通しの悪い場所に多く見られるのが特徴です。
お風呂に出来てしまうカビを思い出して欲しいのですが、表面だけをこすっても絶対に汚れは落ちません。下部組織までカビが根を張っているからです。
これは外壁でも同じ事。
放置しておくと外壁の下地にまで根が張り、最終的には水の浸入を許すことになってしまいます。ご自宅の外壁を目視して「何となく薄汚れてきたな」と感じたら苔の付着を疑ってみましょう。

Q&Aもご覧ください

ご契約までの流れ

その1 お問い合わせ・見積もり依頼・ご質問は無料です

ホームページだけでは分からない事もたくさんあると思います。
お伝えできないところもたくさんあります。(株)建装メンテナンスは、お客様が抱える外壁や屋根に関するどんな些細な不安や悩みにも真剣にお答いたします。また、しつこい営業のお電話は一切いたしません。お電話・Eメール・FAXにてご連絡をお待ちしております。

その2 担当者から折り返しお電話いたします

(株)建装メンテナンスには「営業マン」はおりません。
お問い合わせ・お見積り・ご質問の回答をさせて頂く担当者は日中現場で汗を流しております。
ご連絡を頂いた場合、当日の夜またはご都合のよろしい時に、担当者がこちらからご連絡いたします。
お見積り診断をご希望の場合は、訪問日程の調整を行います。

その3 ご訪問・無料診断

職人の目で直接診断をさせていただきます。ご自身では気づかなかった「本当の問題点」を見つけ、その解決策も考えながらご提案させて頂きます。見積もり計算はその場で行いますので他社の見積りなどございましたらその場でご相談等も承ります。

その4 ご契約

診断内容・お見積りを十分ご検討・ご納得いただいてご注文・契約となります。
リフォームローン等のご相談も承りますので、お気軽に申し付け下さい。

塗装工事の流れ

施工前

その1 足場、組立、設置

その1 足場、組立、設置

1-足場設置

1-ネット貼り

  1. ①足場を組んで安全な現場を作ります。
  2. ②塗料の飛散を防ぐために飛散防止ネットで覆います。

その2 高圧洗浄

2-屋根 外壁洗浄

  1. ①高圧洗浄機を用いて屋根、外壁等に付着するホコリ、カビ、藻の汚れをきれいに洗浄します。

その3 下地処理/調整/補修

3-コーキング補修1

3-コーキング補修2

大事な工程といえる下地処理は仕上がりの美観や塗料の耐用年数を左右します。

  1. ①コーキング部の増し打ちや打ち直し
  2. ②塗料面の目荒し
  3. ③鉄部のサビ落とし
  4. ④コンクリート壁のひび割れ補修

その4 屋根塗装(コロニアルの場合)

4-屋根下塗り

4-屋根中塗,上塗り

基本的には3回塗りとなります。

  1. ①プライマー塗料
  2. ③中塗り
  3. ④上塗り

以上の手順で行います。

その5 軒天塗装/破風塗装

5-軒天下塗,上塗り

軒天は下塗、上塗
破風は下塗、中塗、上塗
以上の順で行います。

その6  外壁塗装

6-外壁下塗り

6-外壁中塗,上塗り

  1. ①下塗り
  2. ②中塗
  3. ③上塗

以上の順で行います。

その7 付帯部の塗装

7-樋 上塗2回

8-雨戸 下塗,上塗

雨樋、木部、鉄部の

  1. ①下塗り
  2. ②上塗りを行います。

その8 足場解体

8-足場 撤去

設置した足場を解体します。

その9 客先確認、引き渡し

塗装した所をお客様に確認していただきます。
補修等がなければ周辺の清掃を行い引き渡しとなります。

安心の5年保証

安心の5年保証

万全のアフターフォロー

(株)建装メンテナンスは徹底してアフターフォローを行うことで、お仕事のご紹介を頂いております。
施工後の状態と経過をしっかり確認し、外壁塗装の保障も安心の5年間。さらにメーカー保証もありますので、施工箇所に万が一のことがあった場合も修復致します。緊急時はいち早く駆けつけます。

外壁塗装に使われる塗料の比較

一般的な外壁塗装の塗料は、アクリル塗料、ウレタン塗料、シリコン塗料、フッ素塗料の4つの種類に分けることができます。それぞれ外壁塗装の塗料には特徴があります。詳しいご説明もご用意しておりますので、外壁塗装の塗料選びの際に参考にしてください。

ウレタン塗料 シリコン塗料
メリット 価格が安い
弾性質であり、伸び縮みをするので、木部の塗料に適している。
高撥水(はっすい)性がある
汚れにくい
高い耐久性
価格と性能のバランスが良い
デメリット 防汚性が低い
汚れがつきやすい性質がある
弾性質がひくいモルタルの壁など、ひび割れを起こしやすい場所には、あまりお勧めしません。
平均価格
(30坪)
450000円~500000円 500000円 ~550000円
期待耐用年数 7年程度 10年程度
機能性 木部は呼吸をして伸縮するので弾性の力を発揮します。 高撥水(はっすい)性をもっており水をはじき汚れにくい
フッソ塗料 排熱塗料(アドグリーンコート)
メリット 外壁塗料最高の耐久性
高級感(フッ素独特の光沢)
遮熱により反射しきれない熱を排熱する排熱効果
遮熱塗料よりカラーバリエーションが豊富
デメリット 価格としては非常に高価 遮熱、排熱以外の効果がない
遮熱塗料の耐用年数よりやや短い。
平均価格
(30坪)
600000円~650000円 550000円~600000円
期待耐用年数 15~20年 10~15年(遮熱塗料は15年)
機能性 最も汚れに強い塗料と言えます。 排熱効果においては、高い効果を出します。

弊社は完全自社施工により、大手の業者に比べ料金を抑えてご提案することが可能です。外壁塗装の料金目安は料金ページをご覧ください。

料金について

お勧め塗料のご紹介

外壁塗装には様々な塗料が使われます。使われる塗料は日々進化しており、(株)建装メンテナンスでは常に新しい塗料に対しアンテナを立て、お客さまにとって有益になりそうなものは積極的にご紹介をしております。新製品紹介ページをご覧ください。

アドグリーンコートEX 1/1.000.000mmのエコ

新製品紹介